アガスティア・シバナディ (サービス停止について)

(Last Update: 2007/3/26 :アガスティア体験日記追加・更新)

 

ご利用頂きましたお客様へのご案内。

 

2006年6月をもちまして、当ホームページによるアガスティア・シバの葉代行取得サービスを停止致しております。

然るべきところからの有難い御指導も頂きましてこのような行動指針が決まりました。

(2006年10月)

 

(参考の為に過去公開していたホームページは以下URLに残しております。)

http://www.ac-to-wish.com/contents.html

 

サービス停止に至った経緯

私がこのアガスティアの葉にかかわり始めたのは7年ほど前の2000年からです。当初、あるところの代行検索サービスを利用させていただいたのですが、不本意な結果しか出てこず(そのように自分が考えてしまい、、)、その代行検索会社に疑問に思ったことなどをぶつけたところ、取引中止まで言い渡される処分を受けてしまいました。私はそこのものを信じていた為に、悩みに悩んでしまいました、、。 

(2000年10月 代行取得)

そして2年ほどの反省?期間を経た2002年秋に、ホームページを探していたところ、ある方(みやぢさん)が個人的にやっているホームページを見つけました。そこは前に利用した代行者が”ここしか本物は出せないと称する”館”を使っているのを知り、すぐに申し込みをしました。しかしその方(みやぢさん)は結構厳しく、ずばずばと私を正そうとするではありませんか。そして依頼をかけることとなったのですが、、、、 

(2003年2月 代行取得)

時を同じくして、ホームページにて他の代行検索会社を見つけました。そこは、全く違う館を使っていたこともあり、どのようなものが出てくるのか試しに依頼させて頂きました。 

(2003年1月 代行取得)

さらにそれとほぼ時を同じくして、私は、ホームページにてもうひとつの個人代行者を見つけました。その代行者の方は一番初めに依頼した代行者が”ここしか本物は出せないと称する”もうひとつの館”を使っていました。そして、決定的なことは、なにやら”**に住むとある方”の記述を見つけたことでした。私は、その”とある方”が以前よりうわさで聞いていた人物と同じ方かもしれない!ととっさに思い、この代行者にも依頼をしました。そしてその後の経緯で、ご縁もありこの代行者の方とインドまで同行し(2003年7月)、そこで検索風景やお寺参りなどを見学させて頂きました。 

(2003年3月 代行取得)

(*取得時期については、依頼の時期と代行者の渡印の時期の関係上、前後しています。)

 

最初は自分が代行検索を行う予定はまったくなかったのですが、あれこれやっているうちに自分で取得した葉に”代行検索ビジネス”を行うとの記述が出てきた?為に、試しに代行を行うようになりました。そしてわずかながらも、ホームページも立上げ、その後2,3年間、何度か渡印したり、コンピューターを駆使したリモートでのやり取りでアガスティアの葉の代行やお寺参りなどをやって参りました。しかしその代行検索を行う中で、半分は信じれるようなものだったのですが、半分は??のつく様な検索過程やナディリーダーの対応を経験しました。いわば半信半疑の状態でした。(体験した具体的な疑問点はこちらのページに記載しております。)

そして、2006年5月、最後の渡印の時、あるお客様と同行した際、なぜかその方が2番目に依頼した代行者(みやぢさん)の掲示板を印刷したものを持ってきてくれました。そして、印度へ行く飛行機の中でそれを読み進めて行くうちに”とある方”の記述がほのめかされたものがあり、そして私の半信半疑の部分を明確にしているではありませんか。私はここで、今回の渡印が最後になることを悟りました。そして帰国後、とあるルートによりある方とのコネクションによって、然るべきところからの有難い御指導を頂くことになり、私が行っていたことが間違いである確証を得た次第です。

 

 

反省とお詫び

停止した理由に関しましては、然るべきとこから処置の方法も含めて御指導を頂いていると共に、私の体験からも言えることですが、これ以上お客様へ葉の提供をすることが、お客様にとって良い結果をもたらすどころか、お客様ご自身の切実な努力も不本意な結果となってしまい、危険であり、人生を惑わしてしまうかもしれない為でもあります。そしてたとえ本物の葉(ある意味で)をご提供していたとしても、このような有様ですので、葉の内容の実現性は期待できないという然るべき方のお言葉に賛同する為でもあります。これ以上、私の手を通じては、この葉と呼ばれるものを決してお渡しできないという心境にまで至っております。これまでご利用頂いたお客様には、”どのような結果も、ご自身の責任の元でご理解頂く”という同意の上で提供させて頂いておりましたが、例えそうであっても、多かれ少なかれお客様の人生に根本から影響を与えてしまう力を持っているものと考えますので、私の責任は重大であると思います。

 

そして葉のサービスとは言いながらも良いのか悪いのか、結果的には代金の半分程はこの葉のサービス兼研究の為の運用コストを得る為でもありました。そして疑わしい部分に関して必ずしも解明せずままお客様へ提供し続けてきました。すべてではございませんが、本当にこれを渡しても良いのだろうか?と心が痛む思いをしたこともあります。半身半疑な部分が問題となりかねない為に事実を偽っていたかも知れません。なぜそこで事実を伝え切れなかったについては、苦情や返金等を恐れてしまう自己都合の為であったと反省しています。これらは私自身の甘さと汚さに他ならず、裏切り、詐欺行為となんら変わらないものであると思います。誠に申し訳ないことをしてしまったと後悔しております。恥ずかしいあまりです。そして、今まで関わらせて頂きました他の代行者の方々には、いろいろと勉強させて頂いたと共に、ご迷惑をおかけした面もあったかと思います。心よりお詫び申し上げます。

何卒ご理解頂きますようお願いします。

 

 

今後について

今後、このサービスを再開する予定はまったくございませんが、お客様へ心からのサービスができるようなものがあればと思ったりもします。これまでご提供したものが原因で何かご迷惑をおかけしているとすれば、お詫び申し上げると共に、何卒ご容赦頂きます様お願い申し上げます。それなりの責任は取らせて頂く覚悟でございます。葉の内容に関しては、一度白紙に戻して人生に取り組まれてはと存じ上げます。ご利用頂きましたお客様と他の代行者の方々には、このサービスを通じていろいろと勉強させて頂き、普通ではとうていできない良い体験もたくさんさせて頂くことができました。そして、然るべき方の御助け、御指導なしにはこのような心境には至れませんでした。誠に感謝申し上げます。 (インドは良いところでした。)

 

 

 

追記(2006年11月3日)

然るべき方から”(少しでも)利益の為にこの葉の代行業を続けていたのでは?”というお叱りとアドバイスを頂きまして、私が行ってきたことへの責任を取らせて頂く為に、ご利用頂きましたお客様 ”全員” に対して、お預かりした代金すべて(葉、お寺参り、お守代のすべて)の全額返金処置をご案内させて頂きました。結果、多くのお客様から”サービスにそれなりに満足しているので、お受けし難いです。”などの心温かいお言葉を頂きました。とても有難い言葉を頂き、何とお礼を申し上げたら良いのか分かりませんでしたが、そうおっしゃって頂いたお客様へはお詫びの気持ちとして少なくとも1人1万円もしくは1万円相当の物品にて御返金させて頂きました。お客様へはお詫びと共に誠に感謝申し上げます。

以上。

(元)AC-TO-WISH.COM

E-MAIL: contact@ac-to-wish.com

 

アガスティア体験日記へ